こまち、クマとぶつかる 秋田新幹線下りに遅れ(岩手県)

11日午前8時17分ごろ、岩手県雫石町のJR田沢湖線赤渕―大地沢信号場駅間で、秋田新幹線の下りこまち95号(7両編成)がクマと衝突した。乗客約80人と乗員にけがはなく、列車は約53分遅れた。

 JR東日本秋田支社によると、運転士がクマに気づいて緊急停止したが間に合わなかったといい、衝突後、クマの姿は確認できなかったという。列車は田沢湖駅(秋田県仙北市)まで徐行運転して車両を点検後、運転を再開した。

転載元:http://www.asahi.com/articles/ASG6C3DJCG6CUBUB002.html