クマ目撃相次ぐ 滑川で緊急の対策会議(富山県)

568

24日クマの目撃が相次いだ滑川市では、25日、緊急の対策協議会が開かれました。

近くの小学校では集団で下校するなどクマの出没に警戒しています。

滑川市では24日だけでクマの目撃情報が4件寄せられ、このうち有金地区では午後2時30分に3頭、午後6時には2頭が目撃されました。

また、国道8号線そばの雑木林には、柿の実が食い荒らされた痕や木の幹の引っかきキズなど、クマの痕跡ものこされていました。

こうした事態を受け急遽ひらかれた対策会議には、市や警察、猟友会、自治会など関係者20人が集まり、市の担当者が、今月に入ってクマの目撃が急増している現状を報告しました。

その上で、改めて、広報の徹底や連絡体制の強化など、対応策を確認しました。

また、24日クマが目撃された現場からおよそ2キロ離れたところにある滑川市の西部小学校では、25日、児童の安全確保のため集団下校を実施しました。

なかには車で迎えにくる保護者の姿も多くみられました。

西部小学校ではまだクマが捕獲されていないことから26日以降についても児童の安全確保のための対応を検討したいとしています。

(スタジオへ)県によりますと県内で10月に入ってから寄せられたクマの痕跡や目撃情報は25日午後5時までで82件、このうちの70件が県東部からだということです。

来月末まではクマの出没に注意してほしいとしています。

http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20161025182725

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする