クマに襲われ女性けが クマ2頭駆除 富山 黒部(富山県)

%ef%bc%95%ef%bc%96%ef%bc%91

20日朝早く富山県黒部市で、散歩をしていた女性がクマに襲われて腕に軽いけがをしました。その後、1キロほど離れた場所で2頭のクマが見つかり、駆除されました。

警察によりますと、20日午前6時前、富山県黒部市岡の道路で、65歳の女性が夫とともに犬の散歩をしていたところ、突然、2頭のクマが現れました。女性はこのうちの1頭に押し倒されて右腕を引っかかれ、軽いけがをしたということです。
このおよそ20分後には、1キロほど離れたグラウンドで2頭のクマが見つかり、猟友会のメンバーが駆除しました。駆除されたクマは、体長およそ1メートル20センチのメスと、80センチほどのオスで、警察はこのうちの1頭が女性を襲ったと見て調べています。
女性が襲われた現場は海岸に近い住宅街で、およそ200メートル南には小学校もあります。付近では19日も2頭のクマが目撃され、警察や黒部市などが警戒に当たっていました。
女性の夫は「気がついたら十数メートル先からクマが突進してきて、妻に飛びかかってきた。すぐに逃げていったが、その間、10秒くらいのあっという間の出来事だった」と話していました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする