ジビエバーガーが優勝 全国30チーム参加(鳥取県)

%ef%bc%95%ef%bc%92%ef%bc%93

地元の特産品を使ったご当地バーガー日本一を決める「とっとりバーガーフェスタ2016」が10日、鳥取県の国立公園・大山で開かれ、鹿肉を使用した「里山のジビエバーガー」(和歌山県)が優勝した。
今年は14都道府県30チームが参加。9日からの2日間のフェスタで販売され、審査員の採点と購入客による投票で順位を決定した。2位には「THIS伊豆しいたけバーガー」(静岡県)、3位には「KADENA BURGER」(沖縄県)が選ばれた。
ジビエバーガーは、ハンバーグに鹿肉を72%使用しており、出品チーム代表の今西広典さん(36)は「鹿肉にネガティブな印象がある人においしく食べてもらえるよう試行錯誤した。ジビエ料理の入り口にしてもらえたら」と優勝を喜んだ。
バーガーフェスは2009年に開始。2日間で約3万8千人が訪れ、お目当てのバーガーを求めて各店舗に長蛇の列を作った。

産経新聞

http://www.sankei.com/photo/story/news/161011/sty1610110001-n1.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする