天皇陛下が再びタヌキ論文=宮内庁

宮内庁は6日、天皇陛下が皇居のタヌキの生態について共同研究された論文が、「国立科学博物館研究報告」(8月22日発行)に掲載されたと発表した。

陛下がタヌキに関する論文を執筆したのは2008年以来2度目。

論文は「皇居におけるタヌキの果実採食の長期変動」で、同博物館の研究員ら3人との共著。陛下は09年1月から13年12月の間、タヌキが排便をしに来る皇居内の「ためふん場」でほぼ毎週ふんを採集し、顕微鏡で内容物を分析して、食べた物の季節的変化を明らかにした。

Yahooニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000096-jij-soci

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする