シカ、イノシシ捕獲最多 地域での自己防衛必要(宮崎県)

484

有害鳥獣のシカ、イノシシの県内捕獲数が昨年度、それぞれ2万8451頭、2万4264頭で共に過去最多だったことが県のまとめで分かった。捕獲を後押しする国の交付金などが奏功した形だが、狩猟免許所持者は高齢化で減少傾向が続き、先行きは楽観できないのが実情だ。山で駆除が進む中にあっても山あいの集落には「里にすみ着いたシカは増えている」との声があり、地域ごとの被害対策の重要性を関係者は訴える。

宮崎日日新聞

http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_21853.html