アメリカで最も危険な動物はシカかもしれない(海外)

%ef%bc%94%ef%bc%95%ef%bc%90

LCB(疫病対策センター)の調査によって、”アメリカ最悪の動物”はシカであることが判明した。シカによる犠牲者は、ワニとサメとクマを足した数よりも多いのである。この事態に対して、天敵のピューマを再び繁栄させるという画期的な解決策まで飛び出している。

鹿はアメリカ最悪の動物だ。だが、鹿による死の大半は悪意の攻撃ではなくアクシデントによるものである。
急激な都市開発の影響で、鹿が本来生息していた自然は縮小している。それによって彼らはより人間と近いエリアに住むようになり、道路に飛び出して事故を引き起こす危険性をもたらしている。これは今や全米で問題となり、北東部やハンプトンズ(ロングアイランドの高級住宅地)でさえも駆除計画を必要としているのだ。

%ef%bc%94%ef%bc%95%ef%bc%91

%ef%bc%94%ef%bc%95%ef%bc%92

http://www.vox.com/2016/9/24/13032272/killer-animals-deer-sharks-bears

http://earth-memorandum.net/archives/755

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする