有害鳥獣ハンター求む! 神戸市、10月7日にセミナー(兵庫県)

農作物を食い荒らすシカやイノシシなどの有害鳥獣を駆除するハンターに関心をもってもらおうと、神戸市は10月7日、甲南大学岡本キャンパス(同市東灘区)で「ハンターセミナー」を開催することになり、参加者を募集している。

市によると、市内の住宅街で住民が野生のイノシシに襲われる被害が今年4~9月で計9件発生し、市が県猟友会に駆除を依頼している。市内の同会捕獲班員は167人(4月時点)いるが、高齢化と後継者不足が課題になっているといい、将来のハンター育成につなげるため市が初めてセミナーを開く。

セミナーでは県猟友会理事の山下勝さんが現場の体験談を語るほか、奈良女子大学の学生らが結成した「ハンティングサークル」の部長、竹村優希さんが女性目線で狩猟の魅力をアピールする。

対象はハンターに興味がある18歳以上の市民か、市内に通学する学生。氏名や年齢、住所など必要事項を記入し、はがきかファクス、メールで今月30日(必着)までに市農政部計画課に申し込む。定員は90人。問い合わせは同課

産経ニュース

http://www.sankei.com/region/news/160927/rgn1609270052-n1.html