周南でクマ3頭捕獲(山口県)

周南市長穂と同市須万の山中で21日、ツキノワグマ3頭がイノシシ捕獲用の箱わなにかかっているのが相次いで見つかった。市や警察、地元関係者が協議した結果、22日までに人里から離れた山中に放獣された。 県自然保護課によると、21日午前9時ごろ、周南市長穂の山中で、体長125センチ、体重52キロの雌の成獣が箱わなにかかっているのを地元猟友会の会員が発見。同日午前11時ごろ、同市須万の山中で、親子とみられる2頭が箱わなにかかっているのが見つかった。

47news

http://www.47news.jp/localnews/yamaguchi/2016/09/post_20160923112812.html