「とむらバーガー」完成 シカ、ジャージー牛肉で(北海道)

%ef%bc%94%ef%bc%92%ef%bc%95

新得町富村牛小中学校(中村俊緒校長、児童生徒14人)の小学2~5年生6人が12、13の両日、地場食材を活用した「とむらバーガー」の調理に挑戦した。シカ肉やジャージー牛肉、地場野菜をふんだんに使った児童オリジナルの“ご当地バーガー”を完成させた。

同校は4月、自然に恵まれた地域の特色や特産物のグルメを考案する「とむらバーガープロジェクト」を立ち上げた。小学校の生活科・総合学習授業を活用して事前学習を進めた。

プロジェクトには、道内で唯一、ジャージー牛を肉牛として生産・販売する関谷牧場(関谷達司代表)や、シカの捕獲や養鹿(ようろく)、加工、販売するドリームヒル・トムラウシが協力。児童は7月の事前学習で関谷代表から食育に関する講話を聞き、8月の事前学習ではドリームヒル・トムラウシも見学した。

両日のバーガー作りは、事前学習を踏まえた実習に位置付け、山の交流館とむらでの調理には地域住民も協力した。パン粉は十勝産ブランドを使い、バーガーに挟む野菜は学校農園で育てたミニトマトを使うなど“地元産”にこだわった。

児童は、白ごまと黒ごまを入れたパン生地を作った後、シカ肉とジャージー牛の肉を使用した2種類のハンバーグをフライパンで焼き上げた。オーブンでふんわり焼き上げたパンに具材をはさみ、お好みでケチャップやマヨネーズを添えた。児童が描いたイラストシールを貼ったオリジナルの袋に収め、シカ肉バーガーとジャージーバーガー各25個を完成させた。

この後、全員で試食し、沼澤拓哉君(5年)は「おいしい」と満足げに頬張った。他の児童からも「給食にも出してほしい。祭りで地域の人にも食べてもらいたい」との声が上がった。菅野みゆき教頭は「身近で生産するシカ肉、牛肉と農園の野菜を使ったバーガーを自分たちで作り食べるというトムラウシならではの総合学習ができた」と感慨深げに話していた。

十勝毎日新聞

http://www.tokachi.co.jp/news/201609/20160921-0024759.php

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする