クマが家庭菜園荒らす ニンジンなど連日被害 (北海道)

【木古内】18日午後4時ごろ、渡島管内木古内町本町の住宅の家庭菜園で、ニンジン約30本が食い荒らされ、クマとみられる足跡があるのを住民の女性(80)らが見つけ、19日朝に木古内町役場に届け出た。9月に入って町内中心部の住宅地で、クマが食べたとみられる家庭菜園の被害は5件目となり、木古内署は警戒を呼び掛けている。

同署によると、町内の家庭菜園では3日にトウモロコシ、9日にニンジン約130本、15日に同約200本、16日に同数十本の被害が出たという。18日の現場は北海道新幹線が停車するJR木古内駅から南西約1キロの住宅地で、見つかったクマとみられる足跡は幅約15センチだった。

北海道新聞

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0317961.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする