クマ出没、水族館休館 京都・宮津の丹後魚っ知館[京都府]

%ef%bc%93%ef%bc%93

 京都府宮津市小田宿野の水族館「丹後魚(うぉ)っ知(ち)館」一帯でクマが目撃され、休館を余儀なくされている。現在も敷地内にクマが出没しており、再開のめどは立っていない。

 関西電力宮津エネルギー研究所の敷地内にある。6月28日と29日に相次いで、研究所の警備員が敷地内の道を歩くクマを目撃した。クマのふんが見つかり、実がなっているヤマモモの木が荒らされていた。

 研究所は危険と判断し、28日から魚っ知館を臨時休館とした。関西電力の松下浩士エネルギー研究所課長は「捕獲されるなどクマが来る危険がなくなったと判断されるまで、再開できない」と話す。

 今後、府丹後広域振興局や宮津市と相談し、クマの捕獲や、餌となるヤマモモの伐採、クマの嫌う音を出すスピーカーの設置など、対応策を検討する。

 2005年にもクマの目撃情報があり、魚っ知館を2カ月間休館したことがある。

※写真はクマの出没に伴う臨時休館を知らせる看板が立つ「丹後魚っ知館」(宮津市小田宿野)

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20140704000050

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする