鳥獣被害:対策隊に委嘱式 害獣捕獲、食肉利用も[和歌山県]

古座川町は23日、町鳥獣被害対策実施隊(河口洋隊長、19人)の委嘱式を行った。農作物を荒らす猿を捕獲するほか、捕獲されたイノシシや鹿などを鳥獣食肉処理加工施設に運ぶ。

メンバーのほとんどは猟銃許可の保持者。「猿の集団を見た」などと連絡が町役場にあれば、町内各地区の隊員らが追い払ったり、捕獲したりする。

転載元:http://mainichi.jp/area/wakayama/news/m20140625ddlk30040394000c.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする