散弾銃誤射で男性死亡…「シカと見間違えた」 業過致死容疑で書類送検[静岡県]

静岡県警裾野署は20日、シカの駆除中に散弾銃を誤射し、山菜採りをしていた男性を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で同県長泉町の農業の男性(73)を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年11月3日、長泉町の山林で、同県沼津市の派遣社員根上武彦さん=当時(66)=をシカと見間違えて散弾銃を発砲し、死亡させた疑い。

 裾野署によると、男性は猟友会の会員で、ほかの会員9人とシカを駆除していた。男性は「フードをかぶっていた根上さんをシカと見間違えた」と供述している。

 長泉町では当時、有害鳥獣駆除のため猟の許可が出ていた。(共同)

転載元:http://www.sanspo.com/geino/news/20140620/tro14062016510006-n1.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする